【新感覚スイーツ】ダイキョーのはぎトッツォとは?お取り寄せできる?

アフィリエイト広告を利用しています

トレンド

2022年4月3日放送『坂上&指原のつぶれない店』のご当地スーパー特集にて、「ダイキョーバリュー」が紹介されました。

ダイキョーバリューは、福岡に5店舗、長崎に1店舗を構える地域密着型のスーパーです。

その中で紹介された「はぎトッツォ」

はぎトッツォってなに??

お取り寄せはできるの?

とっても美味しそうだったので調べてみました!

その他スイーツ記事はこちら

スポンサーリンク

はぎトッツォとは?

北海道産の小豆を使った粒あんのおはぎに生クリーム・抹茶クリームを挟み込んだ、ダイキョーオリジナルの新感覚スイーツ

2021年8月15日にダイキョー弥永店の総菜コーナーにて販売を開始したところ、またたく間に大人気になったそうです。

2021年にブームになったマリトッツォとおはぎを合わせた感じかな?となんとなく想像できますが、

「もち米と生クリームって合うの??」

と気になりますよね。これがとってもマッチしていてものすごく美味しいんだとか。

見た目も、おはぎがおめかししているようで可愛いですよね♡

はぎトッツォは、従業員の雑談をきっかけに誕生し、そこからなんとたったの1週間で販売に至ったそうです!ビックリですよね。

スポンサーリンク

どこで買える?

はぎトッツォは、福岡県のダイキョーバリュー「弥永店」「野多目店」、ダイキョーバリュー弥永店すぐそばの「はぎトッツォ専門店 おこめのおめかし」で購入できます!

基本的には、各店で40個限定販売(生クリーム、八女抹茶各種20個ずつ)となっているそうです!

ダイキョーバリュー弥永店

弥永店では、毎週火曜・木曜・土曜・日曜に販売。

Google マップ

ダイキョーバリュー野多目店

野多目店では、土日のみ販売しているそうです!

Google マップ

はぎトッツォ専門店 おこめのおめかし

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はぎトッツォ専門店 おこめのおめかし(@okomeno.omekashi)がシェアした投稿

こちらの専門店では、様々な”おめかし”をしたはぎトッツォが、新作や期間限定で次々販売されているようです。写真を見ただけでもどれもとても美味しそう・・・。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はぎトッツォ専門店 おこめのおめかし(@okomeno.omekashi)がシェアした投稿

おこめのおめかしの公式インスタグラムがあるので、ぜひのぞいてみてくださいね♪

住所:福岡市南区柳瀬1-33-1 Europe(エウロペ内) 
   ダイキョー弥永店のすぐそば
電話:070‐1307‐6919
営業時間:午前10時30分~午後5時
定休日:なし ※年始休みあり

なんと!「おこめのおめかしは期間限定店」の予定でしたが、とっても人気なので常設展となるようです!インスタグラムチェック!↓↓

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はぎトッツォ専門店 おこめのおめかし(@okomeno.omekashi)がシェアした投稿

スポンサーリンク

お取り寄せはできる?

ダイキョーバリューとおこめのおめかしのホームページを調べてみたのですが、ネット通販によるお取り寄せはできないようです。

その理由は・・・

はぎトッツォの消費期限が1日しかないからです。泣

近くに行った際には、ぜひ食べてみたいですね^^

はぎトッツォを食べた人の口コミは?

Twitter上で、実際に食べた人の感想を見てみると、

食べた人みんな、大満足のスイーツのようです!

また、わりと大きくて食べきれるかな?という人も、甘さがちょうどよく、その美味しさにペロッと完食できるみたいです。

思わず食べ過ぎてしまいそうですが、食べすぎには注意ですね^^;

まとめ

今回は、今巷で大人気の新感覚スイーツ、はぎトッツォについて、お伝えしました!

はぎトッツォは、福岡県のダイキョーバリュー店舗とそのそばの専門店でしか購入ができないようですが、販売開始から完売続出の大人気スイーツとなっています。

ダイキョーバリューは、お弁当やお惣菜に力を入れているご当地スーパーで、『お弁当・お惣菜大賞』を10年連続受賞しているそうです。

4月3日放送の『坂上・指原のつぶれない店』では、はぎトッツォ以外にも美味しそうな商品が多数紹介されましたね。

斬新なお弁当やお惣菜は、レジェンド店員の梶原さん、ネパール出身のコイララさんのアイディアによるものがほとんどのようです。

今後、どのような新たな商品が生み出されるのか、また注目していきたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました